折りたたまれた段ボール

絵画やピアノなど特殊な荷物の引っ越し方法

特殊な荷物とは

引っ越しは荷物を業者に預けて、新しい場所へ運んでもらうのが一般的ですが、荷物は「標準引越運送約款」という業者が定めた荷物の搬送規定に、搬送を拒否できる荷物があります。

例えば、犬や猫、鳥類などの動植物や、一般家庭で普及しているアップライトピアノや電子ピアノなどのピアノ類、それから、美術品や骨董品なども業者によって特殊な荷物に分類され、送り届けを拒否できる規定になっています。これらは搬送の際に、ほか荷物とは異なり、搬送が困難だと見方をされており、それに該当する荷物は特殊な荷物として扱われます。

絶対的に搬送ができないわけではなく、条件によっては、特殊荷物でも目的地まで送り届けてくれます。あくまで、業者が搬送に困難だと判断された場合に「拒否する権利」があることを押さえておきましょう。

どうやって引っ越すのか

引っ越し業者が荷物運びを拒むのであれば一体どうやって引っ越しすれば良いのかと疑問に思う人も多くなるはずです。特殊荷物を所有している場合は引っ越しが難しくなりますが、すべての引っ越し業者が搬送を拒むわけではありません。

特殊荷物の搬送依頼を相談し、難しいのであれば別の引っ越し業者に依頼しましょう。それでも厳しい場合は、荷物の処分を検討する必要もでてきます。引っ越し業者が運べない荷物の特徴を紹介していきますので、引っ越しの参考にしてください。

引っ越し業者がためらう理由

引っ越し業者にとっては、搬送時に荷物を傷つけてしまっては、仕事が成り立ちません。また、高価なものや貴重品などのお客さんにとって重要度の高いものであるほど、搬送しづらくなってしまいます。例えば、現金やジュエリー、通帳や印鑑といったものは、お客さん本人で管理してほしいのです。

また、搬送時にほかの荷物に影響を与えるおそれがあるのも、ためらわれるポイント。ライターやマッチ、油などの危険物や衛生的に問題のあると判断された荷物が該当します。引っ越し業者に搬送依頼をだすうえで、業者のほうから怪しい荷物は、中身をチェックされる可能性があります。たとえ問題がなくても確認拒否をしたものや、事前に申告していなかった荷物は搬送できないおそれがあります。

送り届けが困難なものは処分しましょう

もし荷物を運送することとなった場合、搬送する荷物が高価なものであれば、引越し業者の方に傷つけないよう扱い方を説明しておく必要があります。お客さんにとっても引っ越し業者にとっても、お互い円滑に引っ越し作業ができるよう事前の準備はしておくほうが賢明です。

運ぶことが困難であれば、引っ越しをする前に、まずは持ち物を整理しましょう。あらかじめ自分で対策をしておくと引っ越しがスムーズになります。とくに、骨董品や美術品を所有している人であれば、美術業者や古物商の方に査定や買取を依頼するのも手ですが、昨今は下記のようにネットを通じて買取を依頼することも可能です。

買取の流れ – 絵画・美術品買取なら【総合美術買取センター】