引越し

収納アドバイザーが伝授するストレスフリ-な引越し

できるだけ荷物を少なくすることでストレスを減らす

引っ越しというのは、一度すべての荷物を梱包して運び、それからまた梱包を解き収納するという、大変な作業が必要になることがほとんどです。
そのため、できるだけストレスを少なくできるような形で引っ越しをすることがとても大事になります。

一つ目のストレスフリーな引っ越しのポイントとしては、引っ越しを機会にできるだけ荷物を少なくするということです。
シンプルな生活を送るきっかけになりますし、引っ越し先での片付けが楽になりますので、かなりストレスが減ります。

そのためには、荷物を梱包する前段階で、今まで使ったことがあるものなのか、ほぼ使うことがなかったものなのかを考えましょう。
そして、その荷物を新しい家に置くスペースがあり、具体的にどこに置くのかのイメージがつかめるのかも考えます。
二つの点でノーということになれば、思い切って処分してしまいましょう。

収納ケースの活用方法を考える

引っ越しの際に考えたいのは、荷物が不要かどうかということに加えて、多くの家庭でたくさん持っている収納ケースです。
確かに収納ケースは荷物を整理整頓するのに便利ですが、逆にケースがもとで乱雑になってしまうこともあるのです。
たとえば、同じようなプラスチックケースでも、大きさや高さが違うものがいくつもあると、きれいにまとまらず無駄なスペースを取ってしまうことになります。

そのため、引っ越しを機会に同じサイズの収納ケースに揃えてみましょう。
また、それぞれの収納ケースが、しっかりと引き出しが開け閉めできるか、キャスターがスムーズに動くか、棚板などがたわんでいないかなどをチェックして、もし使いづらいものであれば交換と良いですね。

片付けが楽になるような梱包をする

梱包をする際には、必ず部屋ごとに分類して荷物を詰めるようにしましょう。
寝室のものは必ず寝室専用の段ボールに、キッチン用具はキッチン専用の段ボールに詰めます。

そして、それぞれの段ボールの表面にどこの部屋に行くべきものなのかを大きめに記載して、新居に運ぶ際にダイレクトにその部屋に行くようにします。
その段ボールの記載をリストにして、どの部屋にいくつの段ボールが行くのか、どの用具がどの段ボールに入っているかを書き記しておくと、引っ越し先ですぐに整理整頓ができるでしょう。
また、引っ越してからすぐ使うもの、たとえばハサミやテープ、数日分の着替えやシャンプーなどは一つの段ボールにまとめておいて、すぐに取り出して使えるようにしておくと便利です。

引っ越しはとかくストレスが溜まりやすいものですので、少しでもストレスフリーとできるように、ちょっとした工夫をすることが大事です。
また、先々のことを考えて梱包をしていくのも大きなポイントとなります。